日々の生活の中での役にたつ情報を届けます!

長谷川薫の顔写真や国籍・本名・facebookのアカウントや犯行の真意とは?

平成が終わろうとしている中でやっと悠仁さまの机に刃物を置いたとされる容疑者が捕まりました。

 

令和に持ち越さなくて良かったと思いますが、この容疑者がまた素性がよく分かりません。

 

氏名も自称で長谷川薫と名乗っており、本名かどうかも分かりませんでしたので、自称長谷川薫の顔写真や国籍・本名、そしてfacebookのアカウントや犯行に及んだその真意など詳しく見ていきましょう!

スポンサーリンク

長谷川薫の顔写真とは?

 

View this post on Instagram

 

天吉sasさん(@sas.tenkichi)がシェアした投稿 –

やっと捕まった容疑者の氏名は自称長谷川薫と名乗っています。

 

そんな長谷川容疑者の顔写真は上の通りです。

 

パトカーで連行されている時の姿ですが、正直顔だけ見るとあの野球の落合監督に似ているのではないかと思いますし、そう思った方も多いのではないでしょうか。

確かに強面な顔面だけ見たら見分けが付かない程似ているように思えますね。

 

もちろん全くの別人ですし何の関係性もありませんが、ただ見た目が似ているというだけで話題となったみたいです。

 

それではなぜ自称と報道されているのでしょうか。

詳しい素性を探ってみましょう!

スポンサーリンク

長谷川薫の国籍・本名について!

自称長谷川薫容疑者の国籍や本名について調べてみましたですが、現状まだ捜査中であり、素性ははっきりしていません。

 

そもそもなぜ自称として報じられているのかですが、1つは本人確認がまだ出来ていないからではないかと言われています。

 

今回逮捕に至ったのは、犯行に及んだ後、地下鉄を使用しその後、神奈川県平塚市にあるホテルに泊まっているところで身柄を確保となりました。

 

となるとホテルに泊まった際に使用された予約名から判断して長谷川薫と分かったのかもしれません。

 

それか在日朝鮮人で韓国籍なのではないかとも言われています。

 

素性もはっきりせず誰なのか何者なんか分からないのは本当に不気味ですが、唯一京都から新幹線に乗ってきたということは判明しています。

 

となると京都に在住していたのかと思われますが、住所も現時点では不定とされています。

 

まだまだ謎だらけの犯人ですが、捜査がさらに進むことを期待しています。

スポンサーリンク

長谷川薫のfacebookのアカウントとは?

同姓同名のFacebookアカウントが多く特定には至っておりません。

 

それにしても自称が本当に本名であったとしても同姓同名の方からしたら、たまったもんじゃありませんよね。

 

だって全国民からバッシングを食らうような犯行に及んだ容疑者が自分と同じ名前で全国ニュースで報道されるわけですよ。

 

本当に何も明らかにされていない人ですが、せめてなぜこのような犯行に及んだのかという犯行の真意だけでも知りたいですよね。

 

もうこのような訳の分からない子供に危害を加えるような事件は起きてほしくありません。

他にメンバーがいてグループでの犯行でないことを願うばかりです。

 

長谷川薫の犯行の真意や動機とは?

まず捜査関係者が推測しているのは、平成から令和に年号が変わることへの政治的思想の犯行ではないかと言われていますが、本人の口からはまだ真意は伝えられていません。

 

ただ明らかに用意が周到すぎます。

 

まず防犯カメラの配線が切断されていることやその切断用に使用したとされる植木用のハサミや顔を隠すためのヘルメットや刃物を用意し、そして教室内に誰もいない時間を狙っての犯行となると時間割すら知っていたということになります。

 

そして犯行に使用したハサミやヘルメットは校内に捨てているわけですよ。

 

見つかりたいのか見つかりたくないのか。

わざわざ証拠を残すあたりを見るとやはり自分のしたことを世間や皇室にアピールしたかったのでしょうね。

 

そして何より悠仁さまの机の上に置いた包丁2本のことを「ロンギヌスの槍」であったと証言しています。

そして自分の名前を薫と名乗っています。

 

となるとエヴァンゲリオンのファンなの!?と感づく人もいると思います。

 

つまりにエヴァンゲリオンの登場人物であるカオルくんをもじっており、かつロンギヌスの槍となればエヴァンゲリオンで出てくる使徒が使用していた武器でもあります。

 

ただのアニメおたくなのか!?と一時はネット上で騒然としましたが、そもそもそんな冗談で済む話ではありません。

 

日本国民中から非難を浴びせられている長谷川薫容疑者の行った行動は決して許されるものではありません。

 

ただし1つ疑問に思ったのは、これだけの大きな武器を容易に校内に持ち込めたのは如何なことかと思いますね。

どこかで組み立てたのかもしれませんが、これからは持ち物チェックや探知機のようなものが警備に必須になるかもしれませんね。

 

この事件をきっかけに見直さないといけないことが多くありそうですね。

 

それにしてもとりあえず犯人が捕まって何よりです。

 

まとめ

長谷川薫容疑者についてでした。

 

本当に日本国民全員の気持ちを逆なでする行為に腹が立ちますが、素性が分からなさすぎて気持ち悪いですね。

 

とにかく捕まったのは良かったですし、子供たちに被害がなかったことがなによりですが、2度と起きてほしくないと思います。

 

子供たちが安全に学校に通えるようにもっと大人たちが守ってあげないといけないと強く思い知らされた事件でした。

 

続報がありましたら追記していきます!

 

最後までご覧いただきましてありがとうございました!

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。