日々の生活の中での役にたつ情報を届けます!

水上颯の彼女A子の妊娠中絶について!文春砲に対するツイッターの反応とは?

2019.07.11

1件

現在クイズ番組「東大王」を中心にテレビで活躍している 水上颯に遂に文春砲の魔の手が迫りました

 

 

ついこの間も同じく「東大王」に出演している河野玄斗さんに対する文春砲があったばかりの今、同じく妊娠中絶の過去について報じられています!

 

 

果たして 元彼女のA子とは一体誰でどのような内容が語られていたのでしょうか。

 

東大医学部の天才である水上颯の真相に迫ります!

スポンサーリンク

東大王・水上颯と元彼女A子の間に一体何があったのか?

人気クイズ番組「東大王」に出演している東大医学部に通う 水上颯さんの元彼女と名乗る女子大生A子さんが水上颯さんとの間に出来た子供を中絶させたという過去を週刊文春に語りました。

 

 

水上颯さんと言えば「東大医学部のプリンス」と呼ばれるほどのルックスの良さと頭脳の良さから多くのファンがいるタレント兼大学生です。

 

 

特にテレビ番組「頭脳王」に出場した際、最年少優勝を果たし あの孫正義さんからも認められた水上さんは番組に対する多くの反響とともに一気に人気者になりました。

 

 

そんな水上颯さんと大学の3年間以上もお付き合いをしていたと語る元彼女のA子さんが水上颯さんに捨てられた過去を週刊文春に語っています。

 

水上颯の妊娠中絶に関する文集砲とは?

この投稿をInstagramで見る

大好き 愛してる♥ 信じてるよ #水上颯 #東大王

そーさん(@sou__0819)がシェアした投稿 –

週刊文春によると元彼女のA子さんが妊娠中絶した内容を以下のような始まりから書き出されています。

「生理が来ないことを伝えた途端、 彼の態度は急変しました

 王子様みたいに優しかった彼の冷たい言動に耐え切れず、 一人で堕胎することを決心しました」

出典:週刊文春

 

A子さん曰く2人がであったのは2016年5月で水上さんの2つ下にあたる大学1年生の時だったようです。

 

2人の交際は順調で3年という月日が流れ4年目にさしかかろうとしたタイミングで事件が起きました。

A子さんは生理が遅れていることに気づいた。すぐに水上氏に電話し、「 生理がこない」と伝えたという。

 

「颯君は『1、2週間後にまだこないようだったら検査してみて。

赤ちゃんにもよくないからストレスを溜めないようにね』と言ってくれました。

親にも友達にも相談できずに悩んでいたのですが、この人だったら大丈夫だと思った。

万が一妊娠していたとしても、産みたいと思えるほど優しい言葉でした」

 

 しかし、その電話の後から 水上氏の態度が急変した

「まだ妊娠検査薬で結果がわかる時期ではなかったのですが、

颯君と早めに直接話をしておきたくて、何度もメッセージを送りました。

でもそのたびに忙しいことを理由に《その日は無理だ》と断られ続けました。

不安で不安で仕方ありませんでした」

出典:週刊文春

 

水上さんにとってA子さんは単なる遊び相手に過ぎなかったようで 相手が妊娠していることが分かるとその日を境に会うことを極端に避けていたようですね。

 

 

妊娠する前はキザなセリフを言って何度も会っていた2人ですが、この日以降連絡はもちろんのことA子さんを切り捨てるように距離を置くようになりました。

 

その後1人にさせられたことが分かるとA子さんは誰にも頼ることが出来ず自分だけで対応しないといけなくなりました。 

一人で中絶同意書にサインし、一人で終わらせた。

 孤独と絶望の中、約1週間後に行った妊娠検査の結果は陽性。

A子さんはネット検索をし、一刻も早い中絶が母体への負担を最小に抑えられることを知った。

 

「彼と相談できていれば、もう少し悩んでから決断したかもしれません。

でもあの日の冷たい言動が忘れられなくて。

こんなこと誰にも相談できません。親が知ったら、心配で倒れてしまうかもしれない。

だから、一人で終わらせることにしました」

 

 A子さんは「パートナーと連絡が取れない」ことを理由に中絶同意書に一人でサインし、堕胎手術を受けた。

15万800円の費用は、A子さんが全額負担した。

 

「何度も『よろこんであげられなくてごめんね』と赤ちゃんに謝りました。

全部、私がしっかりしていなかったのが悪いんです。

暗闇に放り出されたような恐怖と不安に押しつぶされそうでした」

出典:週刊文春

 

結局水上さんを頼ることが出来なくなり1人だけで中絶費用を負担して手術を行ったとのこと。

 

もちろんそのことについては自分を避けている水上さんには言っておらずそのまま月日が流れたのですが、ある日突然連絡が来たそうです。

《そういえば、生理って……》水上氏が突然連絡してきた理由

堕胎から約1カ月、A子さんは夜も眠れない日々を過ごしていた。

そして6月12日、A子さんの元に水上氏から連絡が入った。

 

「颯君から《そういえば、生理ってあれからあった? ちょっと心配になった》とメッセージがきたんです。

なにをいまさら? と思いましたが、その後すぐに理由がわかった」

 

その日、「文春オンライン」が“頭脳王”河野玄斗氏の中絶トラブルを速報したのだ。

水上氏から連絡があったのは、速報の約2時間半後だった。

 

「記事を読んで、自分にも心当たりがあると焦ったんだと思います。

そんな思惑が透けて見えたので、返信しませんでした」

 

その3日後、水上氏から電話がかかってきた。

 

「『久しぶり』の一言もなく、生理のことをしつこく聞いてきました。

私は腹が立って、『あなたが忙しすぎるから、全部ひとりでやるしかなかったんだよ』と伝えました。

そのとき私は“中絶”や“堕ろす”という言葉を使えるほど、自分のしたことに向き合えていなかった。

だから、『ひとりでやるしかなかった』という言葉で手術を受けたことを暗に伝えたつもりでした。

 

それを聞いた彼は『ごめん』と何度も繰り返していました。

私が一人で中絶したことが伝わったのだと思います。

それを聞いた彼は口数が少なくなり、『いままでありがとう。じゃあね』と電話を切ったんです。

私のことを心配するフリをして電話をかけてきたくせに、颯君は自分のことしか考えていなかった。

私のことも赤ちゃんのことも、どうでもよかったんでしょうね」

 

河野氏の報道までは、A子さんは水上氏との間に起こったことを隠し通そうと考えていたという。

 

「ずっと自分のことを責めていました。

赤ちゃんを殺したのは私。

両親にも友達にも言えないし、この罪は私が背負っていくべきだと思ってきました。

死ぬべきなのかもしれないと思い詰めたこともあります。

でも颯君は何も変わることなく、テレビの中で“プリンス”のままです。

それが悲しくて、今はテレビを見ることができません」

出典:週刊文春

 

生理が来なかった結果子供を堕ろしたと分かるとすぐに電話を切ったそうです。

 

これらを含めて事実であるかどうかを結局週刊文春が直接水上さんに取材を行った結果以下のように文章による回答があったようです。

「水上は、2018年初頭から2019年4月までの期間、A子さん(回答書では本名)と交際をしていましたが、

同年4月末に、本人同士で真摯に話し合いを行い、お別れすることとなり、現在に至っています。

 

貴編集部からの『質問状』記載の質問の中には、事実無根の記述が含まれており、

十分な取材を尽くさぬまま、明確な根拠なく記事を作成・掲載しようとされていると言わざるをえず、

極めて遺憾に存じます」

出典:週刊文春

 

交際していたことは事実だと認めているようですが、 ただ妊娠や中絶については認めていないということですね。

 

元彼女A子さんとの内容と水上さんの回答には相違する部分があり現状こちらについては本人の口からも何も語られておりません。

 

どちらが事実かどうかは分かりませんが、 水上さんが何も語らない以上週刊文春の内容を信じてしまいますね

スポンサーリンク

水上颯と元彼女A子とは誰?画像はあるの?

現状A子さんについて分かっていることとしては都内の有名大学に通う女子大学生ということだけでそれ以外のことは分かっておりません。

 

ただ水上さんが彼女のことをメインディッシュと例えるだけに容姿は淡麗であるのではないかと思われます。

 

画像や顔写真も流出しておらず、今後分かり次第更新致します。

 

元彼女A子とのLINEの内容が流出!?

出典:週刊文春

 

週刊文春に持ち込まれたA子さんのLINEの画面が流出しています。

 

内容は生理が遅れていると水上さんに話した後散々無視され続けていたにもかかわらず、同じく東大王の 河野玄斗さんのタレント妊娠のスキャンダルが報じられるや否やすぐにA子さんのもとに連絡が入ったとのこと。

 

 

結局生理が来たのかどうか教えてほしいという内容ですが、1人で解決したA子さんにとっては今さらどのような心境で連絡してきたのかと怒り心頭であったそうです。

 

 

確かに水上さんからしたら自分も河野さんと同じような過去がある為、 自分の身を守るためにもA子さんのフォローをしないといけないと思い連絡をしたのでしょうが、もちろんA子さんからしたら自分が困っている時に助けてくれなかった張本人に対して 怒るを通り越して呆れ果てていたのでしょう。

 

 

このLINEの画面が本当かどうかは分かりませんが、LINEの内容を見る限り一応辻褄は合いますね。

 

水上颯の文春砲に対するツイッターの反応とは?

この投稿をInstagramで見る

6/6(木)19時〜に『プレバト』に出演します。ハイセンスな俳句を作っちゃうぞ。乞うご期待。

水上颯さん(@mizukami_so)がシェアした投稿 –

ツイッターで23万人ものフォロワー数を誇る水上颯さんですが、文春の記事が報じられてからは数々のリブライが寄せられています。

 

以下水上さんに寄せられたコメントの一部です。

 

大半の人が文春の内容があまりにひどいと水上さんを責めるコメントが大半ですが、 本人の口から事実が語られていない以上水上さんを信じるという人もいます。

 

まだ被害者のA子さんからの話だけしか語られていない為確かに真相は分かりませんが、 全てが全くの事実無根という訳ではないと思います。

 

 

今後も水上さんの反応について注目していきたいと思います。

スポンサーリンク

まとめ

水上颯の彼女A子の妊娠中絶についてでした。

 

週刊文春に話を持ち込んだんはA子さんの方からなので一方的な部分があるのかもしれません。

 

しかし 妊娠して中絶したことはどうやら本当なのでしょう

 

いくら大学生と言えど有名人になるとどうしてもこのようなスキャンダルは付きまとってしまいますね。

 

有名人になる宿命とも言えますが、それでも水上さんのA子さんに対する対応はひどい部分があり、結局この話に対しても部分的にしか認めておらず妊娠中絶させたことに関しては何も語っていないのが現状です。

 

 

少なくとも中絶費用を負担するなり2人で話し合って結論を出すなどの対応はするべきだったのではないかと思います。

 

 

せっかく出てきた人気もこのスキャンダル発覚後どのようになるのでしょうか。

 

 

将来を約束された水上さんですが、これから同じようにテレビの前で活躍し続けられるかは分かりませんね。

 

医者を目指す人間として避妊することなく中絶させてしまっては世間から叩かれるのは仕方のないことかと思います。

 

最後までご覧いただきましてありがとうございました。

スポンサーリンク

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。