日々の生活の中での役にたつ情報を届けます!

桂文枝の不倫相手の紫艶が病死!紫艶の画像やフライデー・人間国宝について!

2019.05.05

1件

落語家の桂文枝師匠と約20年に渡って不倫関係を続けてきた愛人であった演歌歌手の紫艶(しえん)さんが自宅マンションで孤独死していることが判明しました!

 

果たしてなぜ紫艶さんは亡くなってしまったのでしょうか。

 

紫艶さんにまつわる画像やフライデーの記事・そして桂三枝師匠との泥沼不倫関係など気になる情報について詳しく見ていきましょう!

スポンサーリンク

桂文枝の不倫相手の紫艶が病死!なぜ桂三枝の浮気相手の紫艶は亡くなってしまったのか?

 

View this post on Instagram

 

師匠 #桂文枝 #桂三枝 #紫艶

peronnaさん(@vwlone)がシェアした投稿 –

当時41歳で自宅マンションにて亡くなっていることが3月11日に判明しました。

 

亡くなったのは尼崎出身の紫艶さんという演歌歌手です。

 

この方が以前から桂文枝さんと長い間不倫関係にあったといわれている女性です。

 

紫艶さんの母親が彼女と連絡が取れなくなったことを警察に連絡し、自宅マンションの大家さんに依頼して室内に入ったところ既に孤独死している姿があったようです。

 

果たしてなぜ41歳という若さで亡くなってしまったのでしょうか。

 

公表されている原因は病死とされておりますが、師匠との関係をリセットすることが出来ず精神的に不安定だった為に薬を必要以上に使用したオーバードーズが原因なのではないかと思われます。

 

 

以下フライデーに掲載された記事の一部分です。

「文枝さんに捨てられた直後、紫艶さんの精神状態はとてもひどく、リストカットを繰り返してしまったそうです。

彼とは18歳のときから38歳まで20年間付き合い、“初めて好きになった人が文枝さんだった”って涙ながらに話したこともありましたよ。

ただ、今の事務所に入ったことをきっかけに、“彼のことを忘れて頑張る”って話してくれましたし、実際にそれからは、一度も自殺未遂のようなことは無かったって聞いていますよ」(レコード会社関係者)

 

大家さんから紫艶さんが亡くなったことを聞いた彼女の母親は、兵庫県から着の身着のままで上京。

事務所スタッフと一緒に遺体に対面すると、その場に泣き崩れてしまったという。

 

自宅で亡くなっていたため、遺体は司法解剖に。

その結果、「病死」という判断が下された。

多くの種類の薬を服用していため、それが死因ではないかと伝えられたという。

 

「精神的に弱かったので、薬を服用していることは知っていました。

それは初めて私と会ったときから飲んでいましたね。彼女はお酒を一滴も飲めないんですが、薬の影響か、ひどいときは呂律が回らないこともありました。

何か所も病院に通っていたようで、それは警察から聞いて初めて知りました。

部屋には薬がいっぱいあったようで、薬の飲み合わせが悪くて、命を落としてしまったのかもしれませんね」(同・A氏)

引用:フライデー

 

やっぱり薬を常時使用していた程精神的に強くなかった彼女を支えることなく捨ててしまった桂文枝師匠に原因はありそうですね。

 

誰かが手を加えて殺害されたような話ではないでしょうが、原因となったのが約20年も不倫関係にあった愛人という立場のせいなので、これはかなり闇が深そうです。

 

桂文枝の不倫相手の紫艶の画像とは?桂三枝の浮気相手の紫艶について!

そもそも愛人であった紫艶さんとはどのような人なのでしょうか。

 

紫艶さんは2000年に東京で演歌歌手としてデビューしており、桂三枝師匠とは18歳の時からお付き合いがあったそうです。

 

当時から妹分のように可愛がってきたそうで、大阪にあるマンションで何度も2人で会っていたそうです。

 

しかも「紫艶」という名前も桂三枝師匠が命名した名前だったようです。

 

元々は「中江ひろ子」と言う名前で活動していたようです。

 

解明後に日本有線大賞新人賞を受賞したほどの実力も持っていました。

 

要は彼女のデビューから身の回りの世話も含めて師匠が行っていたころからも紫艶さんにとって心の拠り所のような存在だったようです

 

実際不倫関係が明らかにされた時に紫艶さんは以下のようにコメントしていました。

「桂文枝さんは、父であり、師匠であり、恋人だと思っています。

わたしが親密になったのは、師匠だけ。この後の人生も師匠を超える人は出てこないと思います。」

 

そんな師匠に数千万円のお金を渡されて一方的に不倫関係をなしにしてくれと言われても彼女にとって忘れることは出来ないですよね。

 

そして「紫艶さんは自身のフェイスブックに突然の別れに対しての無力感を暴露してもいました。

 

20年も不倫関係であったらすぐに忘れろなんて都合良いことを言われてもそりゃあ無理ですよね。

 

表舞台を引退した後はホステスをしながらAVデビューも果たしました。

 

確かに40歳前後の女性とは思えない程、紫艶さんは美しいですね。


要は精神的に不安定で多すぎる量の薬を服用してしまったのが若くて亡くなってしまった原因ですね。

 

きっと1人で生きていくのが辛かったのでしょうね。

 

誰か救ってあげられる人がいなかったのかと思うと悔やまれますね。

スポンサーリンク

 

 

桂文枝の不倫疑惑のフライデー記事とは!桂三枝のフライデーの画像について!

 

フライデーの記事によると紫艶が孤独死していたことを直接桂文枝師匠に突撃で伝えている様子が伝えられています。

 

そこで、平成最後となる4月30日。一門会が終わり、大阪にある寄席『天満天神繁盛亭』から出てきた桂文枝を直撃取材した。

 

――すみませんFRIDAYデジタルですが、3月7日に紫艶さんがお亡くなりになったのをご存知ですか?

「え、誰が?」

と、怪訝そうに名刺を受け取る。

 

――紫艶さんです。

「ほんまか…(絶句)」

驚いた表情で顔を上げ、まっすぐ記者を見つめる。

 

――師匠と20年間お付き合いした彼女が、41歳という若さで亡くなったんですよ?

「……」

何か言いかけたが、運転手にうながされ車に乗り込むと、そのまま走り去ってしまった。

引用:フライデー

 

これに関しては事務所の吉本も既に2人の関係は終わっており済んだ話だということで事を収めようとしておりますが、多額のお金を手切れ金として払いさえすれば関係は清算されるのでしょうか。

 

 

紫艶さんの死に関して責任を感じているのは誰よりも桂文枝師匠ではないだろうか。

スポンサーリンク

 

 

桂文枝の嫁とは?桂三枝の嫁との馴れ初めについて!

引用:https://kyun2-girls.com/

 

桂文枝さんの奥さんは高橋真由美さんです。

2人は深夜のラジオ番組「ヒットでヒット バチョンといこう!」で出会い、それから4年後の1972年3月2日に結婚しました。

 

出会った当時桂文枝さんは25歳で高橋真由美さんは15歳だったそうです・

 

桂文枝さんのアシスタントから最終的にお嫁さんになったという流れです。

 

それから2人のお子さんにも恵まれて幸せなはずですが、紫艶さんだけでなく何度か不倫報道が報じられている桂文枝さんには、離婚疑惑もありました。

 

いくら芸の肥やしとは言え、そう何度も不倫騒動を起こしたら離婚されてもおかしくないですよね。

 

それでも離婚とならない奥さんの懐の深さが凄いと思います。

スポンサーリンク

 

 

桂文枝の子供とは?桂三枝の子供も落語をしているの?

 

View this post on Instagram

 

桂 文枝 さん #落語家 #桂文枝 #師匠

keiichi nittaさん(@keiichinitta)がシェアした投稿 –

2人のお子さんについては一般人であることから名前や顔は明らかにされてはいません。

 

ただ息子さんは桂文枝師匠が自身で経営している個人事務所である三友事務所の社員であるそうです。

 

娘さんの方は、音大から作曲の道へと進まれているそうです。

 

やっぱり才能に満ち溢れていますね。

 

桂文枝の人間国宝認定は絶望的なのか?

そして桂文枝師匠は過去何度か人間国宝に認定されたいと語っていたことがあります。

 

しかし今回の愛人の死によって人間国宝は絶望的だというニュースも流れています。

 

かつ紫艶さん以外の女性とも不倫報道があっただけに余計に難しいと言われています。

 

確かに人間国宝になるには以下のような条件が必要なので文部科学大臣からの指定を受けることは考えにくいですね。

  • 人間国宝に選ばれるためには、芸能や工芸技術などの分野で突出した技術を持っていなくてはいけない
  • 文化審議委員会などで審査され、文部科学大臣の指定を受ける必要がある
  • 人間国宝には後継者を育てるための助成金として年間200万円が贈られる

 

認定されないのは仕方ないですね。

 

桂三枝のいらっしゃいはどうなのか?そのまま続けるのか?

またご長寿番組であるテレビ番組「新婚さんいらっしゃい」ですが、これだけの騒動を起こしておいて、新婚さんに対して言及する番組の司会者が務まるのかという意見があり、番組降板説も出てきています。

 

 

現状は噂レベルなので降板することは決まっておりませんが、視聴者が離れていけばいくほど降板の可能性は高まるでしょうね。

 

もし桂文枝師匠が番組降板となればそもそも番組自体が見直されるようにも思えます。

ずっと山瀬まみさんと一緒にやってきた番組なのでどちらかが欠けたら違う番組になるのではないでしょうか。

 

こちらは続報が出次第更新致します。

 

まとめ

桂文枝の不倫相手の紫艶についてでした。

 

なかなかゲスい話に師匠もそれなりの責任を感じているのではないでしょうか。

 

しかもこの話は他の芸人さんからもいじるにいじれないほどのリアルすぎる事件ですね。

 

20年近くも一緒にいた人から突然の別れを告げられたら精神的に弱ってしまうことは想像できますね。

 

デビューしてからも面倒を見ていたのかもしれませんが、一線は超えるべきではなかったですね。

 

もう終わったことですが、きちんと反省すべきことだと思います。

 

最後までご覧いただきましてありがとうございました!

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。